がん免疫細胞治療

イラスト

 

MEDICAL

がん免疫細胞治療とは

動物には病気や怪我に対して自分で治そうとする免疫力(白血球のリンパ球)という自然治癒力が備わっており、体内にできたがん細胞や体の中に侵入した細菌やウイルスを攻撃して死滅させます。免疫細胞療法は、このような生まれつき備わっている免疫の力を利用したり、免疫の力を強めたりすることで、がんの発症や進行を抑える治療方法です。

LYMPH

活性化リンパ球療法

 

がん細胞を攻撃するTリンパ球を体外でインターロイキン2、CD3抗体により活性化し、 約1000倍に培養した後、体内に戻す非特異的細胞免疫療法です。ガンを攻撃するリンパ球の割合を増加させて治療効果を高めます。免疫力が強化され、QOL(生活の質)が上がり元気になったり、がんの再発予防や転移予防の効果も期待できます。

 

まず、ワンちゃんネコちゃんから血液を取ります。その血液からリンパ球を取り出し、2週間かけて培養しTリンパ球を増やします。培養して増えたリンパ球をワンちゃんネコちゃんに点滴で戻してます。

 

培養して増えたリンパ球
培養して増えたリンパ球

 

 

DC

樹状細胞(DC)治療

 

抗原提示細胞の中で、特に抗原を提示する能力が高い細胞である樹状細胞を体外でIL-4とGM-CSFを 使い増殖・活性化させて治療を行う療法です。樹状細胞はガンを認識するための教育者として、攻撃しなければいけない異物(ガン)を Tリンパ球に教える役割をしています。よりがん細胞に対して直接的な効果が期待できます。

 

樹状細胞(DC)治療の図

  •  犬・猫の活性化リンパ球療法と幹細胞療法|株式会社J-ARM |
  • 群馬夜間救急動物病院
  • アイペット損害保険株式会社|当院はアイペット対応動物病院です
  • アニコム損害保険株式会社|当院はどうぶつ保険対応医療機関です

安中動物病院|群馬県高崎市の動物病院

〒370-0035 群馬県高崎市柴崎町1119
Tel.027-352-5854
診療時間/午前9時~12時、午後16時~19時
※受付時間は診察終了の30分前まで
休診日/水曜日、祝日、日曜午後

安中動物病院の診療時間・休診日(表)

Copyright © 安中動物病院 All Rights Reserved.

ページの上部へ↑